スパイクの正しいフォーム | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールの攻撃の要、スパイクを打つべく正しいフォームを練習メニューを交えて紹介していきます。バレーボールプレーヤーなら一度は学んでおきたいことです。


1.フォームの大切さ

初めに言ってしまいますが、バレーボールでスパイクの正しいフォームができているプレーヤーはほとんどいません。理由は、誰でも自然と自己流になってしまうからです。




背が小さい人大きい人、ジャンプ力がある人ない人、肩が強い人弱い人、数えてみるときりがありませんが、誰でも個性はありますし、その人によって自分の体つきに合ったフォームでスパイクを跳ぶと良いと思います。

だからバレーボールでスパイクを正しいフォームで打つことが向いていない人もいます。ですがやはり基本は基本です。

あまり自己流でやりすぎてしまうと、本来持っている力を最大限発揮されなかったりして、かえって悪いスパイクになってしまいます。基本も踏まえつつ、自分に合ったスパイクのフォームを見つけていくと良いと思います。


2.スパイクの正しいフォーム

ここからはオープントスのスパイクの正しいフォームとその練習メニューを紹介します。イメージはレフトアタックです。

オープントスというのは、ネットの左右両サイドに高いトスを上げて攻撃する、もっとも一般的なオープン攻撃をするためのトスのことです。

3歩助走で説明していきます。右利きの人は「右、左、右」の3歩助走になります。頭の中で「1、2、3」のリズムに乗って繰り返し練習します。

リズムがつかみにくい人は「タン、タン、メン」や「チャー、シュー、メン」のリズムでもよいと思います。この3歩助走に合わせて腕を振るのですが、助走前、初めは手を顔の前に構えておくと良いです。

よく下に伸ばして構える人がいるのですが、人によってはそのあとのバックスイングを忘れてしまい、そのまま勢いが足りずに上に腕を持って行ってしまう人がいるので、手を顔の前においた方が確実に大きく振れると思います。

上に腕を持っていったら左腕を先に構え、ボールを迎えに行く感じで伸ばします。そのあと右腕を後ろに折り曲げるか引くかして、そのまま肘から腕を出してボールを振り切ります。

普通、右利きの人はレフトアタック、左利きの人はライトアタックが打ちやすいと言われています。

その理由として、ボールを迎えに行く時の腕のタイミングがあるので、どちらでもタイミングがつかめるように自分でジャンプの仕方を考えたりして打っていきましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ