スパイク時の手のひらの使い方と腕の振り方 | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのスパイクの発展として手のひらと腕の使い方を練習メニューを交えて紹介します。これができるようになれば、アタッカーとして十分です。


1.助走との連動

バレーボールのスパイクは助走と、手のひら、腕との連動を大切にすることでうまくなります。

その理由を詳しく説明していきます。助走は2歩助走、3歩助走という人が多いと思います。スパイクの前やボールを迎えに行く時の足の置き方や構えがひとつ。

助走と同時に行う腕の振りがもうひとつ。この2つはどのプレーヤーも基本は毎回同じになると思います。ですが、例えば急にラストボールをアタックで返せ、と言われた時などはちゃんとしたステップや腕の振りができなくなるときがあります。

ラストをスタンディングジャンプのジャンプで返す時なども、力のこもった全力のスパイクが打てないのがほとんどだと思います。

このように、スパイク時の助走と腕の振り方はバレーボールにおいて重要であり、そこで手のひらの使い方をマスターすれば、強いプレーヤーになります。


2.腕の振り方

腕の振り方の説明と練習メニューを紹介します。まず助走でいう左、右の2歩までです。この2歩の間で腕を後ろに振ります。2歩目とそのブレーキの1歩の時は、すでにバックスイングは一番後ろの遠くにあるようにします。

ブレーキまできたら、次はジャンプです。ジャンプ時はバックスイングした腕の左腕は真っすぐ上に伸ばし、右腕は肘を内側に入れてスパイクを打つ構えになります。

左腕は打点の位置、トスされたボールが来るであろう位置に、左手でボールを迎えに行くイメージで掲げます。

空中動作中は、右腕の肘を高く上げ、肩や手首の力を抜きます。ボールをスパイクした後は腕を体側に沿うように、振り下ろします。

この動きの練習メニュー、壁際のスイング練習を紹介します。壁側に利き腕が来るように立ち、肘を肩の高さまで上げ、左腕も真っすぐあげておきます。

伸ばした腕、肩、引いた腕のラインが上から見てほぼ一直線になった所から振り下ろすのが理想です。できるだけ壁に近づいてスイングをしてフォームを作ります。


3.手のひらの使い方

手のひらの使い方の説明をします。手の形は指を閉じて、親指も添わせるか、すべて開くかして力を入れ、硬くします。打つ瞬間に手のひら全体で手首だけ動かして行うスナップをきかせます。

以上の腕の振り方と手の使い方ができれば、バレーボールのスパイクは一通り打つことができます。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ