スパイクの効率的な上達法 | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのスパイクの効率的な上達法を練習メニューを交えて紹介していきます。大きく3つに分けて説明していきます。


1.下打ち

バレーボールのスパイクの効率的な上達法、まずは下打ちの練習メニューを紹介していきます。下打ちとは地上でスパイクの素振りをして、床に打ちつける練習のことです。

初めに左足を前にし、左腕は前に伸ばして迎えるように、右腕は後ろに引いて構えます。ここから投げられたボールをまっすぐとらえて真下に打ちつけるのですが、このときいくつかポイントがあります。




まず右腕は肘をあげて構えるのですが、肘から手の部分は頭側でなく、真後ろにしまう感じがします。もっと分かりやすく言えば、肘を高く保ってからだと一直線にしたとき、手で肩を掴もうとした時のフォームに近いです。

そしてその腕の位置から下に振り下ろすのですが、このとき肘から振り下ろすイメージで伸ばしましょう。そのフォームで打ち、ミートをかけて下に強く打つことを心がけます。


2.ジャンプ

バレーボールのスパイクの効率的な上達法、次は空中動作についての練習メニューを説明します。

まず、スパイクキャッチでタイミングを使います。いくらスイングが強くてもジャンプとかみ合わなければ強いスパイクは打てません。

スパイクキャッチはいつもの要領で助走をしてから、両手をあげてジャンプの最高到達点でボールをキャッチし、地面に着地します。

ジャンプの一番高いところでキャッチができない人は両手を万歳の形にしたままボールとともに落ちます。

このとき、ボールと同時に落ちればタイミングが良く、ボールより早く着地してしまったらジャンプが速く、ボールより着地が遅かったらジャンプが遅いということになります。

右利きの人なら右肩の前でキャッチし、第二段階では手首から上だけでオーバーの形でフェイントをすればタイミングはバッチリです。


3.スパイクの技能

バレーボールのスパイクの効率的な上達法、最後は技能チェックの練習メニューを紹介します。

上で紹介しました下打ちとジャンプを完璧にし、ある程度打てるようになりましたら、コースうちのチェックをします。

ネットをブルーシートで覆ったりして打つコースを限定させ、隠したコースに何本打てるかを計ります。ストレートなので、下打ちとジャンプの技術を生かすことができれば入ると思います。

基本を固めればきわどいスパイクは体の入りを変えるだけで打てるようになるので、まずはストレートを正確に入れられるようにしましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ