スパイクの速度をあげるコツ | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールのスパイクで速度をあげるコツを、練習メニューを交えながら紹介していきます。普段のスイングに工夫を加え、その練習を続けられれば、早いうちに習得できることができます。


1.スパイクの速度

バレーボールにおいて、スパイクの速度はどのくらい重要なことなのでしょうか。

アタッカーであれば、ぜひ目標にしていただきたいことなのですが、そもそも、スピードが上がるとどんないいことがあるのか、ということを説明していきます。

スピードがなくたって、きわどいコースを攻められれば、十分強いスパイクになっていると思う人がいると思う人もいると思います。ですが、コースを狙ってもスピードが速くなければ、その場所に回り込まれてしまう可能性があります。

さらに、もしアウトになりそうな時も、滞空時間が長いため、ジャッジを丁寧にされてしまいます。スピードをつけることができれば、このようなことがなくなります。

よく、ドライブがかかっていると早く見えると言われますが、今回は視覚的な面でなく、体感させる早いスパイクを紹介していきます。


2.スパイクの速度をあげるコツ

バレーボールのスパイクの速度をあげるためには、そのボールの一点に体のすべての力を込めて打ちぬくことです。そのためには、腕力だけでなく、体全体の力も使うことになります。

まずジャンプしたら胸を張り、頭や足は後ろに反るような形にします。ちょうどこのときの姿勢は、ひらがなの、くの字と言えます。

その体制からスイングを始め、体の前でボールを打った瞬間に、反っていた頭、足を今度は逆側、前に振りだすようにします。

このときの体勢は、体がくの字の逆になっているようにします。このように、体の反りを使って体全体でボールに力を伝えます。


3.練習メニュー

バレーボールのスパイクの速度をあげるための練習メニューを2つ紹介していきます。

1つ目は、スイング練習です。ダンベルを片手に持ちながら腕をゆっくりスイングし、真っすぐ下に振ります。重い負荷をかければ、それを外した時に、速くスイングできていると感じられることができると思います。

2つ目は、スナップ練習です。水が入った湯船などの中で、スナップを連続で50回ほどジャブジャブさせて行います。水という抵抗ができますので、空気中より水中でスナップ練習をやる方が手首の強化になります。

回数が増えるほど、振るのでさえつかれる状態になると思うので、こまめに振っておきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ