スパイクの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールでスパイクはどの選手が打てるようになっても有利に働きます。そのため、誰にでもできる基礎的な練習メニューや打ち方を覚える練習メニューを紹介します。


1.ミート練習

スパイクを正確なコースに打ち込むためには、しっかりとミートをすることが大切です。ミートを正確にできるようになるための練習メニューはいくつかあります。

ネットの近くに選手がたち、その横に先生がたって、軽くボールを投げます。その投げられたボールを選手がネットの下に叩き付けます。

そして、ネットにかからず、ネットの下を潜り抜け、向こうのコートにボールが飛んでいけば成功です。これは、うまくミートできなかった場合、叩き付けたボールが床につく前にネットにかかってしまいます。

このような練習方法をとることでミートが正確にできるようになるだけではなく、ボールの打ち方を覚えるにもなります。

このミートをする前に、一度屈伸をはさむこともいいでしょう。腕の振りも覚えることが出来ますし、タイミングもとりやすくなります。


2.壁打ち練習メニュー

壁打ちもスパイクの基本的な練習メニューになります。ずっと同じところにボールが返ってくるように正確にミートできるように練習しましょう。

この練習メニューで連続して壁打ちできるようになれば、バレーボールのいろいろな場面で、応用できるようになります。対人練習や、ブロック練習の相手役など役立つ場面はたくさんあると思います。


3.連続アタック

最後は少しレベルアップした練習メニューを紹介します。
この練習方法は主にサイドアタッカーに行ってもらいたいスパイク練習です。

実際のバレーボールの試合になると、打ったスパイクが一発で決まるということは女子の場合特に、少なくワンラリーで、何本もアタックを打たなければならないという状況が多々あります。

その時に、いつもセッターからのきれいなトスとは限りません。そこで、連続アタックでは、アタッカー一人につき連続三本のスパイクを打ちます。

チームによってサイドアタッカーが、どのようなトスを打つかは違ってくるので、ここでは一例を紹介します。

一本目はセッターから上がってくる、きれいなオープントス。二本目は、平行トス。三本目は、セッターが動いてあげるようなボールをわざと投げて、二段トスをあげてそのボールを打ち切るという三本です。

途中で失敗してしまった場合、また最初から始めるとより効果的です。その時、トスに合わせた打ち方をできるようになりましょう。疲れてきている時こそ、ラリーは長くなってくるものだからです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ