スパイクのタイミングの練習メニュー|バレーボールが上達する方法

スパイクのタイミングはバレーボールの練習を始めた人にとって、苦労する1つのポイントです。

バレーボールに手を当てることに固執してしまいがちですが、実は助走も大切なポイント。

何度も繰り返して形を身につけていきましょう。


1.スパイクに大切な3つのタイミング

バレーボールのスパイクに関連した3つのタイミングがあります。

1つ目は助走を始めるタイミングです。

そして2つ目はジャンプするタイミング。

3つ目は手を振り上げるタイミングです。

それぞれのタイミングを勉強していきましょう。


2.助走を始めるタイミング

オープントスとクイック攻撃で助走のタイミングは異なります。

オープントスの場合はセッターがトスした時に助走を始めます。

クイック攻撃の場合はレシーブがセッターにかえるときに助走を始めます。

ステップが習得できていないと、その都度ステップに費やす時間が変わってしまうので、ステップに不安がある人は、まずステップを体得しましょう。

そして、ボールなしでセッターにボールがかえるところをイメージしながら何度も助走、ステップを行います。


2.ジャンプをするタイミング

助走の視点からみたジャンプのタイミングは、3歩の助走の場合、3歩目が踏み切りになります。

ボールが一番高いところにいるときにジャンプをして、ボールが落ち始めたところで手を当てるイメージです。

そのためには、ボールが最も高くなるタイミングをとらえることが重要です。

コートの外からボールを、特に上へあがるスピードに注意して見てみましょう。

上へあがる勢いが弱まるタイミングがわかるようになれば、次はそれに合わせてその場でジャンプしてみましょう。


4.手を振り上げるタイミング

手を振るタイミングはボールの落下に合わせます。

助走から見た場合は、ジャンプと同じタイミングで振り上げ、その勢いで高く飛ぶようにします。

手の振りがジャンプの助けになっているかを確認するためには、丸椅子などに座り、足を浮かせて、両手を振り上げる勢いでお尻が浮くか確認してみましょう。

まずはタイミングをつかむため、スパイクを打たずに、空中でボールをキャッチする練習をしてみてもよいでしょう。

スパイクの時の上げた腕は、正面から見たときに真横よりも60°ほど上げた位置が最も力が入りやすい場所になります。

真横から見たときは身体の直線状から若干前でボールに当てます。

肘はスパイクを打つ瞬間は伸ばします。

鏡の前でボールをイメージしながら素振りしてみてください。

ボールに当たった瞬間が上記の状態であれば、力の入ったスパイクを打つことができます。

ボールに手が当たるときは、ボールの芯を手のひら全体でたたきつけます。

さらに空中で手首をかえすようにしてスナップをきかせます。

ボールなしでフォームのイメージがわかったら、その後実際にボールを使って練習をします。

まずは壁に向かってジャンプせずにアタックを行い、正しい位置でボールが当たっているかを確認します。

それができるようになったら、他の人にトスを上げてもらって、ジャンプしてスパイクを打ってみましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ