ツーアタックの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのツーアタックはセッターが行う場合と、アタッカーが行う場合で、方法が異なります。ここではセッターが行うツーアタックの練習メニューを紹介します。


1.ツーアタックを打つ時とは?

バレーボールでツーアタックを打つ場面はそんなに多くはありません。セッターがツーアタックを打つ時には二通りあります。

一つ目は、一本目のレシーブがネットの近くにあがってきた時です。この時、無理にトスを上げるのではなく、返してしまうという考えです。




しかし、相手からも読まれやすいため、ブロックされやすいです。返す方向やブロックにも気を付けながら打ちましょう。

二つ目は、相手のセンターブロッカーがマークをしに、レフトか、ライトどちらかによって立っているときです。

この時はブロックされることがないため、相手のコートのレシーバーの隙をついたところに落としましょう。


2.ツーアタックの打ち方

ここまで打ち方と書いてきましたが、アタックを打つこととは違います。ジャンプトスを上げるような形で入り、左手で、ポンと相手コートにフェイントを落とします。

これをバレーボールではツーアタックと呼びます。相手のコートを見ながらやらなければ、相手にとって、ただのチャンスボールになってしまうで、気をつけましょう。

ポイントとしては、打つタイミングと、場所です。特に、バックの選手が後ろに構えていることが確認できたら、積極的に前に落としていくようにしましょう。

ただし、一回決まったからと言って、連続で打たないことが重要です。スパイクと違って連続で同じコースに決まることは少ないです。


3.ボールを扱う練習

このセッター練習はできればメディシンボールで行ってほしいです。

なぜかというと、重いボールで練習して力をつけておけば、実際のボールでトスを上げたときに軽く感じて、その分コントロールが良くなるからです。

まずは壁に向かって立ち、片手を伸ばして、トントントントンとボールを壁にぶつける練習です。

これは左右100回くらい行いましょう。この練習メニューの目的は、手首の使い方を覚える練習です。

手首をやわらかく使って、リズム良くできるようにしましょう。この要領で、ツーアタックの返す部分の練習メニューになります。この要領で感覚をつかんでください。

後は、実践で経験を重ねて、相手にばれないようにスマートに打つ方法を覚えて言ってください。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ