主な攻撃の種類 | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールの主な攻撃の種類を、攻撃ごとの練習メニューを交えて紹介していきます。バレーボールでメジャーな攻撃を選りすぐって詳しく説明していきます。


1.オープントスのスパイク

バレーボールの主な攻撃の種類を、効果とその練習メニューに分けて紹介していきます。

まず1つ目はオープントスからのスパイクを説明していきます。オープンとはその名の通り、トスが上がってから打つまでの時間が長く、どのプレーヤーがどの場所から打つかすぐ分かる攻撃のことです。




攻撃の初めの一歩とも言われ、スパイクの基本となりますが、トップレベルになってもコンビネーション攻撃で、クイックとともに使われます。ですので、常に打てるようにしておくことが重要です。

オープン攻撃はレフトとライトでよくおこなわれるので、サイド攻撃で確実に攻められるよう、フォームを安定させましょう。

このとき、外側から回り込むようにしてネットに入るようにすると、ボールに鋭く入ることができ、体の軸も安定させることもできます。


2.バックアタック

バレーボールの主な攻撃の種類、バックアタックを練習メニューとともに説明していきます。

バックアタックは、後衛に回ったアタッカーが打つアタックです。後衛のプレーヤーが打つため、打つプレーヤーはネットの高さにとらわれない、背の高いプレーヤーがお勧めです。

バックアタックは、ネットからの距離6メートル地点ほどの場所から助走をし、打ちます。このとき気をつけたいのは、アタックラインを踏まないようにすることです。

ラインを踏んで、フロントゾーンに入ってしまうと、ポジショナルフォールトという反則を取られてしまいます。


3.クイック

バレーボールの主な攻撃の種類、クイック攻撃を練習メニューとともに説明していきます。

クイックはA、B、C、Dと4種類ありますが、トップレベルになってきますと、オープン攻撃などと組み合わせて、時間差攻撃や、隣のプレーヤーが後ろに回り込んで打つバックセミが可能になります。

そのため、チームのレベルが高ければクイックやその他の攻撃を組み合わせて攻撃ができるため、バリエーションを増やすことができます。

これからクイック攻撃やコンビネーション攻撃に挑戦する方は、セッターの斜め上にトスが上がるAクイックが一番簡単なクイックですので、セッターと息を合わせて打つ練習をしましょう。

手首のスナップを使いますと、ボールが鋭角に落ちていくはずです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ