一人時間差のやり方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールでの戦術の一つ、一人時間差攻撃を練習メニューを交えながら紹介していきます。トップレベルまで行くと、たくさん一人時間差が挟まれて攻めているので、注目して見てみましょう。


1.時間差攻撃の種類

バレーボールの攻撃の中で最も難しく、応用に当たるこの一人時間差攻撃について、練習メニューとともに紹介していきます。




はじめに、時間差攻撃とは何かということを説明していきます。時間差攻撃というのは、アタッカー2人以上で行うコンビネーション攻撃の一種です。

バリエーションはとても多く、クイック、セミ、オープンと組み合わせることではじめて成り立たせることができます。

いくつか種類の例をあげて説明します。まずAA型と呼ばれる、Aクイックどうしの組み合わせの時間差攻撃です。セッターの前、一番近いところで打つAクイックを、センターアタッカーは打つように見せかけてジャンプします。

ここでセッターのトスはそのやや後ろに上がるため、バックセンターのアタッカーが一呼吸おいてバックセミをする、という時間差攻撃をすることができます。

縦にならんで時間差をつけるため、相手ブロッカーから後ろの様子が見えづらく、ブロックの反応を遅くさせるという成功しやすい時間差攻撃の一つです。

そしてもうひとつの基本の時間差攻撃は、Aクイックとセミクイックの組み合わせです。

Aクイッカーがおとりとなって入り、トスがその頭上をすぎた所、センターとレフトとの間の場所にセミでレフトアタッカーが入ります。これは左右でずらすため、相手ブロックを遠ざけるイメージの時間差攻撃です。

他にもセンターのBクイックとライトのセミ、センターのCクイックとライトのバックセミなど、たくさんの複雑な組み合わせができます。


2.時間差攻撃の弱点

ここからはバレーボールの一人時間差攻撃の弱点を説明します。
時間差攻撃というのは相手のブロッカーを減らして、より早く打ち込むためにありますので、もしタイミングが合わずにオープン攻撃になってしまった場合は、ブロックが2から3枚付いてくることを前もって知っておきましょう。

そのため、万が一に備えてバレーボールの一人時間差攻撃でも強く手首のスナップを利かせて打てるような練習メニューを取り入れましょう。

そしてもう一つの弱点、レシーブがセンターに上がってしまうと時間差攻撃が難しくなることです。レシーブは強打でも確実にセッターが動かないまま手に返るくらいの完璧なものにしていきましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ