初心者に覚えてほしいトスの基本 | バレーボールが上達する練習メニュー

トスを上げるセッターはチームの司令塔であり、トスが乱れればスパイクミスにもつながり、チームのリズムを奪うこともある大事なポジションです。

トスの基本を覚え、多彩なコンビネーションを組み立てたり、相手ブロックとの駆け引きをしたりすることでバレーボールの面白さが見えてくるでしょう。


1.トスの基本

どれほどいいアタッカーがいても、セッターのトスが不安定なチームが勝つことは容易ではありません。

ですので、ぶれないトスフォームを身につけましょう。

セッターはどこにボールが返球されても素早く動いて対処できるように、45度の角度でコートに体を向けます。

足は肩幅に開き、膝を軽く曲げ、手を胸の前で構えます。

軸となる右足をボールの落下点でトス方向に向けて踏み込み、手を真っ直ぐに上げていきます。

左足を引き寄せネットに直角に立ちます。

早めに両手を上げ、おでこの前で3角形を作り、その間から上目遣いでボールを見て、手の中にボールが落ちてきたところを捉えます。

下半身と肘のバネ、膝のスナップを連動させて、トス方向に腕を伸ばします。

まずは床でボールを正しい形で掴んでから上げると効果的なフォーム作りの練習になります。


2.練習メニュー

トスの基本練習は自分に自信をもたらし、バレーボールが上達する助けとなります。

まずはしっかりボールを捉えられるように、バスケットボールなどの重いボールでオーバーハンドパスの練習をします。

1度ボールを弾ませ、しっかりボールの落下点に入ることが大切です。

セッターは移動するときにレシーバーの腕の面を確認し、面の角度からボールの落下点も予測しましょう。

次にボールに素早く反応する方法として、視野を広げましょう。

左目に眼帯をして右目だけでボールを見てトスを上げる練習です。

慣れるまでは違和感がありますが、体の右側を意識することで軸が作れるようになります。

また、対人パスの時にグー、チョキ、パーの合図を出してもらい、その合図を確認しながらパスができるようになりましょう。

ボールだけではなく、しっかり周りを見てパスすることが大切です。

セッターはオープントスだけでなく、クイックや平行トスも要求されます。

基本練習を欠かさず、1つ1つの動作を確認することで様々なトスが上達していくでしょう。

パスの基本練習も必要ですが、バレーボールはチームプレイですので、アタッカーの気持ちを知り、打ちやすいトスを上げようという気持ちも大切です。

お互いの気持を知り、相手を思いやるプレーを心がけることで自然とバレーボールが上達していくでしょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ