初心者に覚えてほしいトスの基本 | バレーボールが上達する練習メニュー

トスを上げるセッターはチームの司令塔であり、トスが乱れればスパイクミスにもつながり、チームのリズムを奪うこともある大事なポジションです。

トスの基本を覚え、多彩なコンビネーションを組み立てたり、相手ブロックとの駆け引きをしたりすることでバレーボールの面白さが見えてくるでしょう。


1.トスの基本

どれほどいいアタッカーがいても、セッターのトスが不安定なチームが勝つことは容易ではありません。




ですので、ぶれないトスフォームを身につけましょう。

セッターはどこにボールが返球されても素早く動いて対処できるように、45度の角度でコートに体を向けます。

足は肩幅に開き、膝を軽く曲げ、手を胸の前で構えます。

軸となる右足をボールの落下点でトス方向に向けて踏み込み、手を真っ直ぐに上げていきます。

左足を引き寄せネットに直角に立ちます。

早めに両手を上げ、おでこの前で3角形を作り、その間から上目遣いでボールを見て、手の中にボールが落ちてきたところを捉えます。

下半身と肘のバネ、膝のスナップを連動させて、トス方向に腕を伸ばします。

まずは床でボールを正しい形で掴んでから上げると効果的なフォーム作りの練習になります。


2.練習メニュー

トスの基本練習は自分に自信をもたらし、バレーボールが上達する助けとなります。

まずはしっかりボールを捉えられるように、バスケットボールなどの重いボールでオーバーハンドパスの練習をします。

1度ボールを弾ませ、しっかりボールの落下点に入ることが大切です。

セッターは移動するときにレシーバーの腕の面を確認し、面の角度からボールの落下点も予測しましょう。

次にボールに素早く反応する方法として、視野を広げましょう。

左目に眼帯をして右目だけでボールを見てトスを上げる練習です。

慣れるまでは違和感がありますが、体の右側を意識することで軸が作れるようになります。

また、対人パスの時にグー、チョキ、パーの合図を出してもらい、その合図を確認しながらパスができるようになりましょう。

ボールだけではなく、しっかり周りを見てパスすることが大切です。

セッターはオープントスだけでなく、クイックや平行トスも要求されます。

基本練習を欠かさず、1つ1つの動作を確認することで様々なトスが上達していくでしょう。

パスの基本練習も必要ですが、バレーボールはチームプレイですので、アタッカーの気持ちを知り、打ちやすいトスを上げようという気持ちも大切です。

お互いの気持を知り、相手を思いやるプレーを心がけることで自然とバレーボールが上達していくでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ