ハンドリングの練習メニュー | バレーボールが上達する方法

バレーボールにおけるハンドリングとは上肢、特に指・手首・肘の使い方を表しており、ある程度の練習が必要です。

バレーボールでは特にオーバーハンドパスで重要と言われています。


1.オーバーハンドの時の指の位置

まず左右の手のひらを合わせます。

そして、小指から順番に離していきます。

薬指・中指まで離すと上から見て「へ」を上下逆にしたようになっているはずです。

後はボールの大きさに合わせて親指・人差し指をくっつけたまま角度を開いていきます。




このあたりは手や指の大きさがあるので、個人差があります。

可能であれば他の人にボールを持ってもらい、それに沿わせて、しっかりフィットしている角度を覚えましょう。

最後に親指・人差し指を左右に数cm離すと完成です。

これを基本の形とします。

最終的には、オーバーハンドパスの時にすぐに指がこの形になるように繰り返し練習しましょう。


2.手首の動き

オーバーハンドパスでは手首の使い方も重要です。

手首は柔らかく、ボールをキャッチするとき、リリースするときの可動範囲が大きいとハンドリングが上達しやすくなります。

特に強いボールを受けてトスを上げるときなどは、指・肘はもちろん手首でも勢いを吸収すると強いボールから柔らかいトスへの変換が可能になります。

手首は固定せず、柔らかく、を常にイメージして練習しましょう。


3.セッターのハンドリング

上肢で可動域があるのは指・手首・肘・肩です。

ハンドリングがうまくなるためにはそれぞれの関節がどのように動かせているかを意識する必要があります。

セッターの場合は主に肩と肘を使ってボールを遠くに届けます。

指や手首はボールの方向性を微調整するために使用します。

またトスの状況によって意識する部位が異なります。

例えばオープンやBクイックの時は肘を意識します。

ボールを届ける力は肘を伸ばす力を使います。

ライトのオープンやCクイックの時は肩を意識します。

また、親指をしっかりボールにあてて押し出す力にします。

肩の力を利用するには、肩甲骨の周囲が柔らかくなければいけません。

そして肘を開かないように気をつけます。


4.バレーボールでのハンドリングとホールディング

手に吸い付くようなハンドリングに憧れますが、審判によっては同じ動きをしていてもホールディングをとられてしまうことがあります。

そのようなときにあわてることがないよう、ある程度ボールをキャッチするハンドリングと、指先でボールを突くようなハンドリング、両方ができるとよいでしょう。

ホールディングに寛容な審判の場合、キャッチするようなハンドリングはボールの勢いを変え、アタックしやすいトスにかえることがしやすいため有用です。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ