ジャンプトスの練習メニュー | バレーボールが上達する方法

バレーボールのジャンプトスはネットを越えそうなレシーブが返ってきたときに、高い位置でボールをとらえて送るトスのことです。

ジャンプトスは習得すれば、敵のブロックのタイミングをずらしたり、さらに素早いクイック攻撃も可能となります。

難しいジャンプトスですが、実際のバレーボールの試合で使いこなせるように練習してみましょう。


1.ジャンプトスの基本的な動き

ジャンプトスは普通のトスがきちんとあげられるようになってから練習しましょう。




ジャンプトスの基本的な動きはボールの動きを確認し、ジャンプのために膝を曲げ、ジャンプしてボールにタッチし、肘を伸ばした力でトスを行います。

後ろ向きにトスする場合は肘を曲げた状態でボールをとらえ、腕を背中側に反らせて後ろ側へトスを上げます。

ジャンプのポイントは真上に飛ぶことです。

空中で身体が斜めにならないように注意します。

ジャンプトスでボールを送る場合は膝など全身を使って送る通常のトスと異なり、主に肘と手首だけでボールを送ります。


2.自分に合った高さを習得する

ジャンプトスはセッターの背の高さとジャンプ力によってボールをとらえる位置が異なります。

適切な高さの目安としてはボールをとらえたときに、その後伸ばせる程度に肘が曲がっていることです。

そのため色々な高さのボールに対しジャンプトスを行い、自分の適切な高さを体感し、同じところでトスが上げられるよう練習しましょう。


3.ジャンプトスの応用編

通常はジャンプの最高到達点でトスを上げるのですが、これをマスターしたら、次はタイミングをずらしたジャンプトスを身につけましょう。

ずらすポイントはジャンプの最中、身体が上へあがっている間にトスする方法とジャンプから降りてくるときにトスを上げる方法があります。


4.安定したジャンプトスのための筋トレ

バレーボールのジャンプトスの基本は空中でバランスが崩れないことです。

そのためにはジャンプに直接かかわる足の筋肉よりも、体幹を支える筋肉を鍛えることが重要になります。

ここではその一部、腹直筋と脊柱起立筋の筋トレを紹介します。

腹直筋のトレーニングはいわゆる腹筋です。

通常の足を床につけた腹筋では太ももの筋肉を使用してしまうこともあるので、太ももを90度垂直程度にあげ、膝も90度に曲げます。

するとふくらはぎは床とほぼ平行になります。

この状態で頭と肩を床から離し、おへそを見るようにして上半身を起こします。

帰りも頭と肩は床につかないようにします。

脊柱起立筋は脊椎の曲げ伸ばしや回旋に関係しています。

トレーニングの方法としては床に置いたバーベルを、足を伸ばしたまま手を伸ばしてつかみ、曲げた腰を伸ばしながらまっすぐ立つ位置までバーベルを持ち上げます。

ポイントは足を伸ばしておくことです。

そのような体勢から始めることで、足を伸ばす力に頼らないように、純粋に背中の筋肉を鍛えることができます。

また背中を丸めると腰を痛めることがあるので、胸を張って背筋を伸ばした状態で行いましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ