無回転トスのやり方とコツ| バレーボールが上達する練習メニュー

アタッカーが打ちやすいボールは無回転か、軽く逆回転がかかっているボールだと思われます。

しかし、バレーボールの初心者の方には無回転トスを意識するよりも、正確なトスを上げる練習メニューに取り組む方が上達の近道になるでしょう。


1.無回転トスのやり方

ボールに回転をかけないようにするには、10本の指で同時にボールを押し出すことです。

親指が出て、下から突き上げるようにトスすると距離が出ず、前ではなく上に飛びます。




そして親指以外の4本の指が出ると、高さが出ず、落ちやすいボールになります。

ですので、ボールを一瞬持ってから10本の指で同時に押し、肘を伸ばし、手の甲が向きあうように指を伸ばしきりましょう。

無回転トスは、バレーボールで一般的なオープントス時に有効で、大きく弧を描くような
軌道で上げるといいと思います。

スピードを出す平行トスでは無回転だと、軌道がぶれやすいからです。


2.練習メニュー

直上トスの練習が効果的だと思います。

オーバーハンドが上達する1番の練習メニューでもあります。

おでこの上に手で3角形を作り、手のひらは真上に向けます。

上体の姿勢を真っ直ぐに保ち、ボールの落下点に入ります。

肘や手首のスナップを効かせてボールを送り出します。

返ってくるボールがきちんと手の中に戻ってくるようにあげましょう。

ボールが回転しないように指の力を調節します。

最初は親指、人差し指、中指の6本で同時に押し出し、慣れてきたら、薬指と小指を添え、高く上げていきましょう。

距離が伸びると難易度が上がりますので、調節して練習しましょう。

直上が安定してきたら実際にトスを上げてみます。

セッターのポジションに立ち、きれいなレシーブをしたと想定したボールを投げてもらいます。

セッターは素早く落下点に入り、トス方向に体を向け、全身の伸びを使ってボールを押し出します。

このボールをキャッチする瞬間、少し手首を内側に引き、一瞬だけボールを持つようにしてからボールを押し出すとボールの勢いを殺して無回転に近づけることができるでしょう。

ただ、あまり「持った」感じにするとホールディングを取られるので注意しましょう。

トスというのは、自分に気持ちの余裕が無いといいトスは上げられません。

多彩なコンビネーションを組むためにも視野を広く持つ、という点にも当てはまりますが、自分のいっぱいいっぱいな状況を打破し、アタッカーにいいトスを上げたいと考えられるようになれば、一気に上達すると思います。

バレーボールでは、無回転トスは必ずしも必要ではありませんが、アタッカーとのコンビネーションの質を上げられるので、練習する価値は大いにあるでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ