オープントスの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのオープントスを練習メニューを交えながら紹介していきます。オープントスは攻撃の基本となるトスになります。


1.オープントスとは?

バレーボールのオープントスとは、試合中一番使われるベーシックなトスのことです。オープンとはその名の通り、公開的なニュアンスですので、トスをあげた瞬間にどこに上がるのか一目瞭然なトスです。




相手ブロッカーにはばれてしまいますが、その代わり、トスが上がっている時間にスパイカーがゆとりを持ってスパイクのステップができますので、一番安定して決められる手段にもなっています。

セッターとしても、このトスは誰にでもできてほしいくらい基本のトスであります。

一般にセッターはライトですが、ライトセッターならトスがオープントスでも、十分にセンターとレフトで相手は迷ってくるので、お勧めします。


2.オープントスの打ち方

ここからはバレーボールのオープントスの打ち方とその練習メニューを紹介していきます。

ではレフトへオープントスであげるという前提で説明していきます。ボールを待つ時はネットに背を向けてボールを呼びます。その向きからレフト方向に膝を曲げながら向きます。

このときセッターの右側にネットがあり、右足を前にして膝立ちに近い姿勢になっていると思います。必ずネット側の足が立っているようにしましょう。

向きを変えましたら、右手だけオーバーの形にして落ちてくるボールを片手でセットします。ボールが手に触れる直前に左手も一緒にセットし、トスをあげます。

このとき足は膝が曲がっていたのを、ボールを送り出すのと同時に伸ばす感じで使います。手は、レフトなので、センターの頭上ぐらいにトスの頂上が出るように、オーバーの人差し指をそこに向けてトスします。

オーバーというものは、あげたいところに向かって人差し指を向けることで上がりますが、バスケットボールのパスのように手首を外側に払っては意味がないので、真っすぐ向けることを意識します。


3.練習メニュー

バレーボールのオープントスの練習メニューは、アンテナを使います。ネットの端に付いている赤の縞模様のアンテナは、レフトとライトにオープントスをあげるときの目安となります。

アンテナの近くにトスが落ちるようにすれば、スパイカーが求めるトスがすぐにあげられると思います。ですが、アンテナに当たってしまっては、それはアウトになりますのでそれだけは気をつけましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ