平行トスのやり方とコツ | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールにはトスの山が低くてスピードのある平行トスというものがあります。

高さのある山なりのオープントスが基本ですが、攻撃にスピードを与えたいときにこの平行トスが用いられます。


1.基本姿勢

トスの基本姿勢から、落下点に素早く入り、体の右側を軸にしておでこの前でボールを捉えます。

腕を斜め前に伸ばしながら手首のスナップをしっかり効かせてボールを送り出します。

腕はトス方向に向けて肘を最後まで伸ばします。




軽い膨らみをつけ、アンテナのところでアタッカーの打点に合った高さに上げられるようにしましょう。

トスのスピードを意識しすぎてトスが低くならないように注意します。

トスのタイミングは、アタッカーが先に助走を行い、セッターはそれに合わせてトスを上げます。

クイックと同じタイミングでアタッカーが助走に入ることで、相手ブロッカーを惑わすことができます。


2.効果的な平行トス

平行トスは1打目のレシーブが乱れたときは使えなくなります。

ずれた場所から平行トスを上げてもいいですが、相手ブロッカーに攻撃を読まれ、2枚ブロックになりかねません。

セッターが効果的に平行トスを上げるにはレシーバーがしっかりセッターの元にボールを送る必要があります。

また、なるべくセッターは1打目を拾わないようにしましょう。

後衛でもチャンスボールが来たら、ササッと前に出てトスに備えましょう。


3.練習メニュー

ここでは、平行トスが上達する練習メニューについてお話します。

アタッカーがいる場所を確認しながら、トスを上げる感覚を身につけます。

椅子の上に立ち、平行トスでのヒットポイントに腕を伸ばしてもらいます。

落下点に入りながら上目遣いでボールを見ながら、台上の人を視野に入れます。

ボールをキャッチしたら手のひらをめがけて、手首のスナップを効かせてボールを押し出します。

鋭く出すのがポイントです。

浮いてしまうと、アタッカーはタイミングを合わせられなくなってしまいますので。

1番高い位置でヒットできるように、繰り返し練習しましょう。

しかし、ヒットポイントはアタッカーによって違うので、アタッカーそれぞれと練習する必要があります。

また、バレーボールの代わりにバスケットボールを使うのも有効です。

指の力や手首のスナップが鍛えられます。

バレーボールでは素早い攻撃が主流になっており、平行トスは非常に有効な攻撃になっています。

相手のブロックの枚数を減らせたり、ブロックのタイミングを外したりすることが大きな目的です。

平行トスやクイックなどのコンビネーションプレーを充実させることでチームワークが生まれ、バレーボールが楽しくなっていくと思います。

平行トスを上達させるためにも、チームみんなで練習メニューに取り組みましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ