トス時の正しい親指の使い方 | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールでトスを打つ時の親指の使い方について、練習メニューを交えながら紹介していきます。オーバーにも共通することなので、セッターじゃないからと言って、トスの練習をしないのはタブーです。


1.正しい親指の使い方

バレーボールでのトス時の正しい親指の使い方をその練習メニューとともに、説明していきたいと思います。

まず、自分が今どんなフォームであるのかを確認するメニューをやってみましょう。その場で床に向けてオーバーの形でボールをバウンドさせます。

この練習では、自分がどのくらい親指、及び手首が使えているかを知ることができます。理想のフォームとしては、肘を体の前に持ってきて肘を絞って構えます。

そして手首と手だけで、床に向かって強くバウンドさせ、またそれをオーバーで取りこむようにつかみます。このときの一番のポイントは、バウンドで返ってきたとき、掴んだ手の形がアルファベットのAの形になるようにします。

Aの横棒になる部分が親指、Aの頂点になる部分は人差し指で、そこから肘にかけては直線をイメージして、Aの形になるよう意識します。ボールを捕らえるときは手首を自分側に反し、Aの形を維持することに気をつけましょう。


2.トスへの入り方と親指の連動

ここからは、バレーボールでの実際のトスの入り方と、親指の連動も交えながら行う練習メニューを紹介します。

まずセットの仕方です。右手からボールにセットするのですが、右手は片方のAを作り、半分で大体のセットする場所を決めるようにします。

そしてボールを受ける直前に左手も添えてトスをします。ボールを送り出すときに、親指は一番大きな力を必要とします。ボールが下に落ちないように持ち上げるための重要な役割があるのです。


3.練習メニュー

トスをあげるためには手首の筋肉を鍛える必要があります。ですが、バレーボールでは親指と手首を鍛えられればよいトスが上がるとは限りませんので、手のひら全体をトレーニングして鍛える、指立て伏せという練習メニューを紹介します。

指立て伏せは腕立て伏せよりも集中して指に体の圧力がかかり、大変なトレーニングです。基本はつま先、左右の指の三点で体を支え、一直線になるようにします。

ですが、それではかなりハードなので、初めのうちは膝を地面に付け、足は後ろで組んで指立て伏せをやると良いと思います。支える距離が短くなるので、少し軽くなって練習しやすくなると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ