ライトの基本的な動き方 | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールにおいてライトの選手は、器用にミスなく様々なプレーを行わなくてはなりません。ライトの選手が行うべき練習メニューを紹介していきます。


1.セッターの気持ちで

バレーボールのポジション的にセッターの対格ということもあり、セッターの代わりに、トスをあげたり、二段トスをあげたりする場面もたくさんあると思います。

そのため、前衛にいるときでも、後衛にいるときでも、レシーブの後は、スパイクに備えるよりも、カバーに行ってほしいというのがあります。

このように考える、理由としては、センターはブロックにいっている、レフトは、エースとしての役割を果たすために、スパイクのことを考えてしまいがちです。

そこで、2本目をセッターだけに頼るにはとてもリスクがあります。ライトの選手はまずレシーブが上がったら、二本目がどこにあがったのかを確認する癖をつけましょう。

そうして、カバーの意識を高めておくことは重要です。


2.二段トス

このことに関連して、ライトはバレーボールの試合中二段トスを上げる機会が多いです。ライトのポジションからレフトのポジションまでの長い距離を、高く正確にトスしなければいけません。

二段トスの練習メニューとしては、高いボールになれるという意味も込めて、アタックラインとエンドラインにペアになって立ち、オーバーパスをするという練習がいいと思います。

その時、ただパスをするのではなく、パスを出したら、3メートルくらい離れたポイントにタッチして、戻ってくるという工程をはさむと、良いでしょう。

なぜかというと、パスが低すぎたり、短すぎたりすると成功しないようにするためです。ある程度の高さと長さを出すことが出来るようになる、練習メニューです。


3.右利きのライト

スパイクを打つ時にどうしても右利きの選手だとストレートが打ちにくかったり、短いトスは打てないです。しかし、練習次第では右利きの選手もストレートを打てるようになります。

方法は二つあって、助走をネットに対して垂直に入っていくか、腕の振りをまっすぐに振り下ろすことです。腕を振り下ろした後、右側に振り下ろします。

そうすることで、ストレートとクロスの打ち分けが出来るようになります。これに関しては、慣れと、自分に向いている打ち方を見つけることが必要です。

打ち分けの方法は上に書いた以外にもいろいろなやり方があります。自分に合った方法を見つけて、慣れていきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ