バレーボールのレシーブでのテクニックの身に付け方

バレーボールにしろ、どんな競技にしろテクニックがあるとかっこよく見られますよね。

今回はそのテクニックのレシーブ編です。


1.バレーボールにおけるレシーブのテクニック

バレーボールでは、堅実なプレーや、1つ1つの細かいプレーが求められます。

それが顕著に求められるのがレシーブです。

しかし、レシーブにもテクニックは存在します。

今回はそのテクニックを紹介していきます。


1.パンケーキ

パンケーキと聞いて、すぐになんのことかはわからないと思います。

私も先輩たちがパンケーキといったときはふざけているのかな、甘党なのかなという感情を抱きました。

パンケーキとは、レシーブの一種で、バレーボールと床のわずかな隙間に手を入れて、ボールを上げるテクニックの1つです。

これは上達しないとやることすら憚られるようなテクニックです。

そもそも、できないです。


2.パンケーキのコツ

パンケーキのコツは、ボールをよく見てタイミングよく、自分も床に手を叩きつけることです。

これがうまくできれば、ギリギリのボールで誰もが諦めたボールでも拾うことができます。

海外のプロの選手ともなると、パンケーキで相手コートに返したりしますが、実際はそんなに高く上がらないので、見方のカバーが大切です。


2.他のテクニック

バレーボールのレシーブでは、あまり足を使うなと教えられますが、実際は使ってもなんら問題がありません。

ギリギリで届かないところで足技のテクニックがあれば、ギリギリ届いてボールを返すことができるということもあります。

なのぇ、足技のテクニックを磨くことは悪いことではありません。

しかし、それにかまけて、普通のチャンスボールのレシーブですら、足でいくようになってはいけません。


1.足技

バレーボールの足技を使ってのレシーブは日本ではよくないとされています。

手でレシーブしたほうが確実だからです。

しかし、そこまでしてこだわる必要はないと思います。

バレーボールはあげさえすれば誰かが繋いでくれるので、足技のテクニックの上達も時間があれば練習して見てください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ