レシーブ時のフォーメーション | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールのレシーブ時のフォーメーションについて練習メニューを混ぜながら説明していきます。


1.基本のフォーメーション

まず、スパイクレシーブ時は前衛の中のブロック飛ぶ人1人から3人と、残りのブロッカー以外の前衛と後衛でレシーブするのがバレーボールの中で基本のフォーメーションです。


2.ちょっとした工夫

次は、レシーブ隊形に前後をつけます。例として、後衛はレフトとライトが前に、センターが後ろになり3人で逆三角形を作ります。

後衛のフォーメーションについては前後を入れ替えても守備力はあまり変わらないと思います。後衛プレーヤーがレシーブしやすい形でいいと思います。

前衛でレシーブするときは、味方ブロッカーに対し、相手スパイカーがどのような入り方をしているかで場所が決まります。

これは主に前衛レシーバーに必要な知識ですが、後衛レシーバーもそれによって形を変化させるため、両方知っておいた方が良いと思います。ブロックで守れる範囲以外の空いているスペースにいます。

レシーブといっても直接スパイクを食らう訳ではなく、これはブロックで勢いが弱まったブロックカバーという名の部類に入ると思います。前衛がレシーブで構えるとき、素早くネット際から下がってレシーブに入ることが大切です。


3.レシーブフォーメーションの練習

このようなレシーブフォーメーションのときのバレーボール練習メニューを紹介します。プレーヤーは6人で、セッターはライトで固定し、他の5人がポジションをローテーションするゲームです。

トスはオープンでスパイクもオープン攻撃とします。スパイクにブロックもつくのでワンタッチ、ノータッチのレシーブができます。このとき後衛は常に前後を作り、バックには空きがないようにします。

プレーヤー間にボールが打たれたら、2人はサイドステップで交差し、前が取れなくても後ろがすぐ回りこんでレシーブできるようにします。

ローテーションも工夫します。攻撃が得意なAグループと、守備が得意なBグループに分かれます。そのグループ同士で交互に並びます。

サーブ権を獲得するごとにAとBが交互にローテーションを行います。例として2つあげます。

Aグループ3人がローテーションするときは、Bグループ3人はローテーションしない。Aグループには男子、Bグループには女子が入る。

これを行い、レシーブのフォーメーションを得意な人と隣になって見ることで、理解がしやすいと思います。攻撃にも同じことが言えるので、良い練習になると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ