レシーブの効率的な上達法 | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのレシーブが効率的に上達できる方法を練習メニューを交えて紹介していきます。大まかなレシーブで4つに分けて説明していきます。


1.チャンスレシーブ

バレーボールのレシーブの効率的な上達法、1つ目はチャンスレシーブです。チャンスレシーブでは一本目は確実にセッターの手の所に返るようにするので、その練習メニューを紹介していきます。

2人組で3メートルの間隔をあけて向き合って、ワンバンの練習をします。ボールだしはレシーバーの背の高さぐらいの所から落とすようにしてボールをワンバウンドさせます。

レシーバーはそのワンバウンドしたボールをボール出しが呼ぶ手の高さに向かってあげるのですが、ここでポイントがいくつかあります。

まずステップを踏んだ後はどちらかの足を前にし、もう一方の足の内膝をつけます。そしてアンダーの腕の角度を変えずにボールだしの方向に足を踏み出します。


2.ランニングレシーブ

バレーボールのレシーブの効率的な上達法、2つ目はランニングレシーブです。ランニングレシーブは走りながらレシーブしてボールに逆回転を与えながらそのまま走りぬけるレシーブです。

初めに正面、ボーリングのように低い球出しになりますので、入るときの姿勢も腰を落とした低い姿勢にします。走り出す前は開き足を使います。

足を肩幅くらいに開いておき、動き始める瞬間に横に足を大きく開いて、それから足を前後にし、後ろから前に進むのが開き足のやり方です。出されるボールの下に触るイメージでアンダーの面に当て、最後までボールを見送ります。


3.アタックレシーブ

バレーボールのレシーブの効率的な上達法、3つ目はアタックレシーブです。速いボールをより正確に、確実にあげる練習メニューを紹介していきます。6メートルの感覚でミートレシーブをします。

ミートする側は速いボールや軟打、いろいろな球を仕掛けてくるので、レシーバーはここで先程の開き足をします。

ミートが短ければ開き足のあとにランニングレシーブのイメージで、もし膝に狙ってくるようなミートだったら、面をゆがませずにあてるだけで、十分レシーブは飛びます。

後は膝をついて滑りこんだり、サイドボールは飛びこんだりすれば、ボールは前に跳んでくれます。


4.まとめ

今回サーブレシーブは紹介できませんでしたが、サーブレシーブも早いチャンスボールだと思ってやれば怖くなくなりますので、焦らずに落ち付いてレシーブすることを忘れないでください。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ