バレーボールのアンダーハンドレシーブが上達する練習メニュー

バレーボールでは、アンダーハンドによるレシーブは、守りの中でも使う場面がとても多く、試合の流れで言いますと、サーブレシーブから始まり、スパイクレシーブ、フェイントのレシーブ、どれも落とせないボールです。

ここでは、バレーボールのアンダーハンドレシーブが上達する練習メニューを紹介します。


1.基本の体勢

まずは安定した体勢をつくります。

どんなボールにも反応できる柔軟な体勢です。

足は肩幅より少し広めに開き、利き足を半歩前にずらし、つま先は正面に向けます。

この時、つま先が外に向いていると、バランスが取れず、速いボールに反応しにくくなります。

必ず真っ直ぐにしましょう。

次に腰を落とします。

理想は膝が90度に曲がるまで。

そして重心を前に持っていき、つま先で立つようにしましょう。

つま先で立つことで最初に1歩が出やすくなります。

アンダーハンドレシーブの腕の面は反らさず、少し力を脱いておきます。


2.ボールの受け方

基本の体勢ができたら、次はレシーブの仕方です。


(1)ゆっくりのボールの場合

実際にレシーブをするために動いても、落下点には入った時点で基本の体勢を作ります。

利き足を大きく前に出し、バランスをとります。

そしてボールの動きをよく見て、腕に当たる瞬間に力を入れ、膝を使ってパスします。

この時、腕を振らないようにしましょう。

ボールと腕の面がずれ、思わぬ方向に飛んでいってしまうこともあります。


(2)速いボールの場合

スパイクなどの速いボールの場合は落下点に入ることは難しいでしょう。

そういう場合に限り、体の横で受けます。

しかし基本の体勢は変えません。

腕を横に持っていきますが面をパスする方向に、そして肩を入れます。

肩を入れることで面が安定し、後ろに弾くことが減ります。

速いボールは膝を使わなくても勢いがあるので、前に飛んで行くでしょう。


3.練習メニュー

実際の練習メニューですが、上達するには数をこなすことが大事ですのでメンバーにいろいろなボールを打ってもらいましょう。

大きな弧を描くゆっくりのボールは自分の動作を確認しながらレシーブすることができます。

パスをする相手の位置を確認する余裕もあるでしょう。

どんどん打ってもらいましょう。

速いボールはその場で待っているよりも、自分の持ち場より少し後ろから助走をつけてみましょう。

横でも前でも反応しやすくなります。

どんな体勢でも、レシーブする瞬間はボールを見ること。

ボールの動きは自分の気持ちを反映します。

大切に扱えば必ず思ったようにレシーブができると思います。

バレーボールは日々同じような練習メニューをこなすことで必ず上達すると思います。

特にアンダーハンドレシーブは試合の中でも重要なものですので、繰り返し練習することをお勧めします。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ